育毛商品お試し

育毛商品「お試し」活用術

育毛商品の「お試し」を積極的に活用することで髪の毛が生える機会器がえられます。

薄毛を治すための「お試し」にプラセンタ

読了までの目安時間:約 3分

薄毛とはげを解消するために。

 

ハゲでもデブでも関係無いだろというおっさんは、ある意味、強い生き方をしています。
たいがいの人は、薄毛になると弱気にもなると思うのですね。

 

「気になる…」他人の会話が気になると、心理的にもおかしくなります。
効いた話ですが、 ファミレスで飯食ってた時に後ろの席に座ってた人達の会話で、 「お前、人が真剣な話してんのにつるぴかハゲ丸みたいな顔してと言われたという話を聞きました。

 

ハゲという言葉は、人に向って言ってはいけないと思いますね。

 

ハゲを馬鹿にするとハゲの呪いで自分もハゲてしまうとか。

 

恐ろしいことです。

 

そういうことって、「あると思います」

 

TVのCMのような、発毛・育毛剤、発毛クリニック・育毛サロンを連想されることでしょう。

 

「なんか、むずかしそう?」 ...

 

発毛クリニック・育毛サロンのお世話にならなくても、発毛・育毛できるようになったことを知っていますか。

 

その一つがプラセンタです。

プラセンタは「旬」な美容成分なので、「お試し」をしている販売会社が多いですね。

 

可能な限り参加しましょう。
それをきっかけに、ハゲからの解放をしましょうよ。

 

近いうちに、あなたにピッタリの薄毛改善方法が見つかります。

 

発毛・育毛法、シャンプー、サプリメントの情報を説明していきます。

 

強烈な発毛・育毛法をアドバイスします。

 

このホームページを立ち上げた理由。 それは、とても単純なことです。

 

「あなたにもできる発毛・育毛の方法を伝授すること」

 

「あなたに発毛・育毛のため、薄毛・脱毛問題を早期解決していただくこと」

 

なのです。

 

そのためには「理論」よりも「実践」です。

 

プラセンタのお試しで発毛を楽しみにしていましょう。

羊プラセンタピュア100


薄毛をからかう人は悲惨な結末

読了までの目安時間:約 5分

薄毛をからかう人は地獄いきのようです。

薄毛をからかう人は許せません。

ハゲに悩んでいる人をからかったりしたら、死後、よくないです。

 

天国には行けません。

霊界のしくみでは、他人をあざけるような人は地獄に行くようです。

殺人を犯しても、必ずしも地獄に行くとは限りません。

ただし、苦しんでいる人を、あざ笑ったりしたら、たいてい死んだあと、地獄に行くのです。

霊的にみて罪は重いです。

 

こういう話を信じない人はそれでいいです。

私の守護霊様が、そう言うので、忠実にあなたにもお話しておきたかったのです。

さて、薄毛、若ハゲは男性にとって、非常に悩ましい最大のコンプレックスといえます。

つかこうへいの「熱海殺人事件」は、私の記憶違いでなければ、ハゲをからかわれて、殺人を犯す人が登場します。

長年つれそった夫婦の、旦那が奥さんを殺害するのですが、その殺人の理由は、

 

「ハゲのくせに・・・・・」

 

と言われたからなのです。

長年つれそった妻であるが、何かの折に喧嘩し、くやしさのあまりつい「ハゲのくせに・・・」といったのであろう。

それにしても、「~くせに」とは、あまりにも、ハゲの人にはつらい時代ではないだろうか?

いくら夫婦でも、いや、夫婦だからこそ「ハゲのくせに!!」は良くない。

殺されても、しかたない、と私は判決します。

ハゲは解消するのが、なかなか困難なのです。

 

誰しも、好きでハゲているわけではありません。

たしかに育毛漢方や、プロペシア、ミノキシジルで髪の毛は回復できる時代にはなってきました。

それでも、100%みんなが髪の毛を復活させられるわけではないのです。

殺人事件の動機はハゲをからかわれたから。

しかし、ドラマだけでなく、実際に起こりうる話なのです。

 

私は髪が多い部類ではありませんが、年からいうと、まずは、自己満足しています。

普段はあまり、髪のことを気にはしていません。

もう少し髪の毛が多いと、いろんなヘアスタイルを楽しめるし、男前がアップするので、髪の毛を増やしたい意欲は、満々ですけれども・・。

20代半ばに、一時かなり薄くなったときがありました。

 

30年くらい前のことです。

男性型ハゲの遺伝的影響がではじめ、加えて、仕事が忙しく、神経が休まらず、また、睡眠時間も十分とれない状況でしたよ。

そのような時、会社の先輩の男がデスクで仕事中の私の後ろに立ち、

「薄いのう・・」

とバカにするように言ったのです。

デスクには10人くらいおり、半分は若い女性たちがいました。

あまりのことに、体の神経がピリポリとふるえましたね。

 

 

何か一言を言い返したかった。

私は、自分で言うのもなんですが、心やさしい人間と思います。

「幸せになりたかったら、人を許さなければならない」

という言葉も理解できます。

理屈では、よーく、わかっています。

 

 

しかし、20年たっても、あの一言を、私は許せていないのではないかと自己分析します。

人が薄毛になっていくのをあざ笑ったその男が不幸になったとき、心から同情できるかどうか、私にはわかりません。

まちがいなく同情しないはず。

ケチ、とか、バカとか、貧乏人といわれても、それほど腹は立たない。

 

 

しかし「ハゲのくせに!!」などと言われるのは、とうてい許せないのです。

現代は「いじめ」は全世代で起こりうるのです。

子供だけではありません。

ハゲたなら、円形脱毛症でも、イジメの標的になる可能性は、あるのです。

 

というか、きっとからかわれます。

薄毛をもとにいじめにあわない方法は

①なにを言われても気にしない心の大きな人間になる。

②育毛に成功し、髪を増やし、ハゲをからかわれなくする。

という二通りあります。

髪を増やすことを選択しました。

 

それから情報収集につとめ、育毛漢方療法を実践して、かろうじて助かったのです。

もし、育毛の努力をせず、情報も収集せず、テレビの育毛剤CMや、かつら会社の宣伝にまどわされていたら、きっとハゲていたことでしょう。

最近の投稿
最近のコメント
アーカイブ
カテゴリー
メタ情報